ようこそ日本の危機へ!このブログでは主に最新のニュース、政治、教育問題を取り上げております。
無効なトラフィック

Googleアドセンスが表示されない!無効なトラフィックによる広告の配信制限を受けてしまった場合|nendがおすすめ

Googleアドセンスに合格した! 明日から広告張り放題だ!

やっとの思いでGoogleアドセンスに合格し、わくわくして広告を張り付けたもののすぐに広告の表示がされなくなってしまい落胆……。
ということが最近頻発しているようです。
かくいう私もその一人で、なんと4週連続で無効なトラフィックによる制限→解除を繰り返してしまいました。
そこで同じような境遇で困っている方のために今回の記事を書いてみようと思いました。

この記事は
・アドセンスに合格したものの無効なトラフィックによる制限を受けてしまった
・無効なトラフィックの解除方法
を知りたい方向けに書いています。

無効なトラフィックによる制限とは?

早速ですが、無効なトラフィックというのは馴染みのない言葉でとても分かりにくい概念だと思います。
当時の私も非常に困惑したのを覚えています。
なのでまずは無効なトラフィックの定義を確認したいと思います。

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。(GoogleAdsenseヘルプ)

どうして無効なトラフィックにより広告配信を制限するかと言うと、「広告主が損する、またはサイトの運営者が得するような不正なクリックやインプレッション(=広告を表示させること)はダメ」だからです。
つまり自分や知人による広告のクリックや、意図的に何度も広告を表示させたり、広告をクリックしやすい場所に張って誤クリックさせるのはNGということです。
「広告に本当に興味を持った人がクリックする」ことで広告主の利益が守られるとGoogleは考えているわけです。

無効なトラフィックによる制限を受けた場合

ポリシーセンターに違反通知が届くと共に広告の配信が制限されます。

そしてアカウント全体に効果が及びます。
つまり1つアカウントで登録している全てのサイトの広告が制限を受けます。

無効なトラフィックによる制限の解除方法

トラフィックの品質が改善されたとみなされればポリシーセンターから違反通知が消え、自動的に再配信されるようになります。
なので無効なトラフィックがこれ以上発生しないように努力する以外で特にすることはありません。
解除期間ですが、私の場合は大体1週間程で解除されていました。

無効なトラフィックによる制限を受けないための対策

一度無効なトラフィックによる制限を受けると再び制限を受ける可能性が高くなると言われています。
そのため一度引っかかってしまった人は要注意です。
実際私も4回制限を受けてしまいました。

なのでここでは再度制限されないための対策を載せておこうと思います。

対策その①

本人、または家族、友人などに広告をクリックしないでくれと頼む

これに関しては頼めば良いだけなので簡単ですね。

しかし収益が発生していない時=誰もクリックしていないにも関わらず無効なトラフィックによる制限を受けるケースがあります。
私の場合もこに該当しており、改善するのは結構難しかったです。
ということで以下に記載します。

対策その②

・無効なインプレッションをなくす

インプレッションとは広告を表示させることですが、どうして無効なのかと言うと、「本人叉は知人がわざと広告を何度も表示させている」からです。
恐らく2回目以降も無効なトラフィックによる制限を受ける方というのはこれが殆どだと思います。
そしてこの無効なインプレッションというのがとても理解しにくいものだと思っています。
というのも、この無効なインプレッションの場合広告をクリックしていないため収益は発生していないからです。
恐らく多くの方が、

「自分のホームページを自分で確認してなにが悪いの?」
「知人がブログを見るのは悪いこと?」

と思われるかもしれません。私もそうでした。
しかしGoogle的にはNGなのです。
これに対する対策は

「自分自身でブログにアクセスしない。またはGoogleパブリッシャーツールバーを使用して広告が表示されないようにする(スマホではできません)」「知人にはブログをあまり見ないでくれと頼む」

の2つですが、私の場合はこれだけではトラフィックの品質は改善されませんでした。
これは恐らくGoogleの判断材料が「無効なインプレッションの数」ではなく、「アクセス全体に占める無効なインプレッションの割合」だからだと推測できます。

例えば1日アクセス数が10しかなかった場合、自分が1回見ただけでも10%が無効なトラフィックになってしまいます。
ならアクセスを増やせば問題ないじゃないかと思われるかもしれませんが、ブログを開設してから1~2ヶ月目というのはエイジングフィルターもあって本当にアクセスが集まらず、自分を含めた数人しかブログを見ていないという状態に陥りがちです。

エイジングフィルターについてはこちらをどうぞ

結論

始めたばかりのブログにGoogleアドセンスは張らないほうが良いです。
アクセスが伸び始めてからアドセンス広告を張りましょう。
そもそもアクセスがあまりない状態でGoogleアドセンスを張っても大した収益にはなりませんし、無効なトラフィックによる制限を受けるのも面白くないと思います。

アドセンス以外を使う場合、代わりとしてはNendがおすすめ

しかし、収益目的でブログを始めた方や、ちょっとでも良いのでお金が欲しいという方にとっては「広告を張らずにやるというのはちょっと……」という方がいるのも事実だと思います。
そういう方向けに今回はファンコミュニケーションズの運営するNend(ネンド)と、審査なしで利用出来てPC、スマホ共に使うことの出来る忍者Admaxをご紹介したいと思います。

Nend
実は私もNendの広告を使っていますが、驚いたのがNendの場合担当者がつくということです。
登録した翌日くらいにメールが来て電話で話したいという趣旨のことを言われました。
どんなことを話すのかなと思っていましたが、広告の効果的な張り方やブログ運営の仕方など、担当の方が詳しく説明をしてくれました。
ブログを始めたばかりだった私にとってはとてもためになる話で、丁寧な会社だなという印象を受けました。

名称 nend(ネンド)←おすすめ
メリット ・審査に数日かかるもののアドセンスに比べてかなり受かりやすい
規約が厳しくない
・1ページあたりの広告配信数に上限がない
・広告数はトップクラス。アプリやダイエットなどスマホユーザー向けの広告多数
対応がとても丁寧で初心者にも優しい
デメリット スマホでしか使えない
クリック単価がGoogleアドセンスの半分
総評 アドセンスに比べてクリック単価が安いものの、他の広告に比べると高めになっています。広告がスマホでしか表示されないのはデメリットですが、今は多くのユーザーがスマホなのでそこまで気になりません。そして規約も厳しくないため、アドセンスよりも気楽に使うことが可能です。アドセンス以外では一番のおすすめです!
公式ホームページ

忍者Admax

名称 忍者Admax
メリット ・審査なしで使える
・PC・スマホ共に使える点がNendに勝る
デメリット ・クリック単価がとても低い。1クリック1円以下もざらにあります。
総評 ・審査なしで気軽に使えるもののクリック単価が低すぎて報酬はほぼ期待出来ません。唯一のデメリットにして結構大きなデメリットだと思っています。
公式ホームページ https://www.ninja.co.jp/admax/

どちらを使うにせよ、ここを見ている方にとって恐らくなによりのメリットとなるのが「無効なトラフィックによる制限を受けない」ため、自分でブログを見るのも知人が見るのも大丈夫! ということです!
気兼ねなく自分のブログをチェックしてブログの品質を向上させられます。
報酬面でも上記しているようにクリック単価も高めなためGoogleアドセンスを使うまでの繋ぎとしては十分優秀と言えます。
アクセス数が増えてきて(私の場合1日30PV程度あれば大丈夫でした)無効なトラフィックが改善出来たと思ったらアドセンスに切り替えてみては如何でしょうか。


0
無効なトラフィック
最新情報をチェックしよう!