ようこそ日本の危機へ!このブログでは主に最新のニュース、政治、教育問題を取り上げております。
CATEGORY

教育論

  • 2020年2月27日
  • 2020年2月28日

これからの学校教育のあり方について(1)――文科省解体論

(この文章は2/27日に書きました) この記事の著者 中高一貫校で社会科の教師として37年間勤務する傍ら執筆活動にも力を入れる。 著書多数。 「万人に合った教育はない」がモットー。 詳しくはトップページプロフィールより。 これからの学校教育のあり方に […]

  • 2020年2月25日
  • 2020年2月26日

【現役教師による教育論】教育というのは様々な試みの中から一つの光明を見い出すこと。演繹法的思考ではダメな理由。

(この文章は2020/2/25日に書きました) この記事の著者 中高一貫校で社会科の教師として37年間勤務する傍ら執筆活動にも力を入れる。 著書多数。 「万人に合った教育はない」がモットー。 詳しくはトップページプロフィールより。 日本の危機という、 […]

  • 2020年2月24日
  • 2020年2月27日

これからの学校教育のあり方。21世紀のAI時代を生き抜くために

(この文章は2/24日に書きました) この記事の著者 中高一貫校で社会科の教師として37年間勤務する傍ら執筆活動にも力を入れる。著書多数。 詳しくはトップページプロフィールに書いてあります。 お子さんは、いくつになりましたか? 今度の4月で小学校5年 […]

  • 2020年2月17日
  • 2020年2月28日

顧問として全国大会に9回出場(青山修子選手も在籍)した現役教師が考える部活の重要性。「部活動文化」は、「定年70歳時代」と「生涯スポーツ」の観点から捉えるべきこと

女子テニス部の顧問として全国大会に9回出場 (この文章は2/16日に書きました) 実は私、中学1年生の時に、テニス部に入ったのです えっ、そうだったの。知らなかった。それで、その後、ずっと……。 実は中2になった時点で辞めちゃったんです。 どうして、 […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月10日

AI時代を乗り切るために――能力給導入と英才教育の導入をタイアップで

(2/10日に書いた文章です) 日本の雇用慣行であった終身雇用制と年功序列型賃金体系が、一気に崩れそうな雰囲気になっています 日本の風土にあったシステムで、それにより「我が社意識」が高まり、日本の企業は成長したと学校で習ったのですが…… 「(終身雇用 […]

  • 2020年2月9日
  • 2020年2月9日

AI時代にふさわしい教育の創出を目指せーー文科省は組織的分離を

(この記事は2/9に書きました) 人は1度成功体験を味わうと、その方法が未来永劫通用すると思いがちなのですが、あなたの成功体験を話してくれませんか いきなり、成功体験ですか……。就活面接でよく聞かれるみたいですけどね。 深刻に考えないで下さい。余り「 […]

  • 2020年2月8日
  • 2020年2月10日

建国記念の日(建国記念日)は日の丸、君が代について学び、国のあり方を考える日にしましょう

(2020/2/8日に書いた文章です) 中3の公民の単元に国際政治という項目があり、先日の授業で国家とは何かという話をしました。そこで国旗と国歌のことを扱ったのですが、小学校やご家庭できちんと教えられていないということがよく分かります 日の丸について […]