ようこそ日本の危機へ!このブログでは主に最新のニュース、政治、教育問題を取り上げております。
CATEGORY

教育関係のニュース

  • 2023年2月2日
  • 2023年2月2日

子育てを考える ―― 子供には子供なりの「課題」あり / 児童虐待の増加は、治安の悪化に繋がる

「前回は、健康問題ということで、目のことを話題にしましたよね」 「子供たちの近視が増えているということですね。あれから家に帰って、子供たちに黒板の字は見えているのと聞いちゃいました」 「その日の『日経』(1/31)の夕刊に、大学の女性講師で、幼児期の […]

  • 2023年1月31日
  • 2023年1月31日

人生100年時代の基礎は小学校の体育にあり ―― 学校体育の位置づけを考える必要あり / 外遊びをしなくなった子供たち

「人生100年時代と言われるようになりました。たまには、健康問題を話題にしましょうか」 「大事なのは健康寿命ですものね」 「そうですね、平均寿命が専ら話題になりますが、大事なのは健康寿命なんです。ところで、男女それぞれ何歳か分かりますか?」 「確かな […]

  • 2022年12月6日
  • 2022年12月6日

園児虐待保育園の事件 —― 「同調圧力」が掛かった事案 / アイデンティティの確立を目指す教育が必要

「今日は、「同調圧力」ということを話題にしたいと思います」 「そのドウチョウ何とかの意味を教えて下さい」 「心理学用語ですが、その場にいる人に対して多数意見に合わせるように目に見えないプレッシャーをかけることです」 「私の職場でもありますよ。たまに「 […]

  • 2022年12月1日
  • 2022年12月1日

アイデンティティを意識した教育が必要 ―― 学校は自分の生き方を探し、見つけるところ / 学習するだけなら塾と同じ

「前回は英語のことを話題にしたのですが、実は私の小学3年生の息子が学校で英語を習っています」 「何て言っていますか?」 「英語の歌を歌ったり、アルファベットを書いたりで楽しいとか言っていましたけど……」 「今年度から英語が必修になってしまいましたから […]

  • 2022年11月29日
  • 2022年11月29日

高校入試にスピーキングは必要ない ―― 中身がなければ喋れない / グローバルの時代こそ日本語の力が重要

「前回は、母音文化、子音文化という興味深い話を有難うございました。余り、そういう類別に基づいて考えたことがありませんでした」 「とにかく、日本語は世界の中で極めて特殊な言葉だということを日本人自身がもっと自覚する必要があると思っています」 「日本以外 […]

  • 2022年8月20日
  • 2022年8月20日

なぜ、人間だけが自分の子供を殺したりするのか / 「体罰禁止法」によって体罰を減少させる

「昨日(8/19日)、NHKでチコちゃんに叱られるを放送していましたね」 「ほう、そう!」 「つまらないダジャレは読者を減らします」 「すいません。それで、何か為(タメ)になったことがありましたか」 「驚いたことがありました。戦後すぐの時には、「自由 […]

  • 2022年8月18日
  • 2022年8月18日

「ギフテッド発見プロジェクト」を組む時代  ―― 時代の節目や激動期に天才児は出現する

「小学3年生の男の子がプロの囲碁棋士になったそうです」 「同じ位の子供を持つ親としては、やはり気になりますよね。多分、今日はその話題を出してくるのかなと思っていました」 「ニュースを聞いて羨ましいなと思っちゃいました。高校は行かなくていいので学費はい […]

  • 2022年7月28日
  • 2022年7月28日

ギフテッド教育(3) ―― 教員養成のあり方を根本的に立て直すべき 

「ギフテッド教育をどのように捉えて、どのようにシステム化するかという問題は現代において極めて重要な問題なので、今日もこの問題を深めたいと思います」 「質問なんですが、前回のブログで「入り口のところで方向違いをしている」という発言があったと思います。あ […]

  • 2022年7月26日
  • 2022年7月26日

ギフテッド教育 (2) ―― 「伯楽」養成プログラムを開発する必要あり …… 最初に取り組むこと

「かつては天才力士と言われた、逸ノ城が優勝しましたね」 「あっという間に幕内に上がって、その後、腰痛で苦労したみたいですね。彼はモンゴル出身で、照ノ富士と同じ飛行機に乗って日本に来たということです」 「脊椎カリエスで苦しんだみたいですけどね」 「前回 […]

  • 2022年7月23日
  • 2022年7月23日

天才を見出し、育成する時代 ――「ギフテッド」教育が国家の浮沈を握る / 文明の高度化に比例して高度な人材が必要となる

「インターネットに配信されたニュース(「COURRiER Japon」)を見ていたら、アメリカで13歳の少女が全米でトップクラスと言われるアラバマ大学医学部へ入学が決まったそうです」 「アメリカは、13歳で大学に入れるのですか?」 「アメリカには「早 […]